スポーツです! 11日間の熱戦が続いた「えひめ国体」。県勢選手が、古里を思い、奮闘しました。選手たちの活躍を振り返ります!

Qプラススポーツ部 えひめ国体まとめ

東風平小学校職員比嘉貴大選手「(6日前に出場が決まり)調整不足で挑んでしまったので。こんな形になって申し訳ないと思っている。(出場が)急に決まっても結果が出せるような選手になってこれからも沖縄県のために頑張っていきたい」

Qプラススポーツ部 えひめ国体まとめ

沖縄国際大学屋良一郎選手「1本目失敗した時に頭が真っ白になってしまって今までこのやり方でやってきてできたものがダメって言われたときに今までが崩れてしまったような。 体作りを基礎からやらないといけないと感じた」

Qプラススポーツ部 えひめ国体まとめ

沖縄国際大学知念光亮選手「大会前からケガがあってどこまでできるのか不安だったが。団体の点数はできるだけは採れたので良かったと思う。近い目標からクリアして東京オリンピックを目指して頑張りたい」

南部工業高校津波古拓也選手「1本目のスナッチで握った時に目の前を見た時にとっても広くて会場に圧倒されて。メンタルが弱いなと思った」

Qプラススポーツ部 えひめ国体まとめ

南部工業高校津波古拓也選手「毎回毎回全国一になれるようなすごい選手になりたいと思う」

南部工業高校出身新垣悠太選手「スナッチで1点落としてしまってジャークでも2点落としてしまったのは自分の甘い部分が出たのかなと。来年もまた頑張っていこうと思う」

Qプラススポーツ部 えひめ国体まとめ

久米島高校出身當間汐織選手「思いっきりやろうという気持ちが強すぎていつも通りの投げが出来なかった。本当は両親の前で思いっきり喜んでいる姿を見せたかったが出来なくて申し訳なかった。(今後は)親孝行という形で記録で返していきたいと思う」

成年グレコローマンスタイル59キロ級準決勝山田義起選手。持ち味を生かせず3位に。

浦添工業高校出身志喜屋正明選手「東京オリンピックまで残り少ないのでそろそろ結果を出して自分も世界で戦えるように頑張っていきたい」

Qプラススポーツ部 えひめ国体まとめ

浦添工業高校出身屋比久翔平選手「国内ではもう負けられないのでしっかり勝つことは最低条件でできた。自分的にはだめな試合が多くてこれからの課題が多く見つかったと感じている」

北部農林高校仲里優力選手「最終的な目標では世界で勝てるような選手になりたいのでこれからも練習を頑張って世界で勝てるような選手になりたい」