行政指導に回答 工事停止しない

辺野古の新基地建設予定地で確認された絶滅危惧種のサンゴへの対応などをめぐり、県の行政指導を受けた沖縄防衛局が5日、工事を停止する必要はないと反論しました。

沖縄防衛局は先ほど、行政指導に回答する文書を県に提出。それによりますと、絶滅危惧種のサンゴを7月に確認していたにも関わらず県に報告がなかったことについて「モニタリングを継続しつつ取り扱いについて慎重に検討を進めてきた」と反論しました。その一方で、サンゴの白化が進行しているとして、県に対し「迅速な対応を」と迫っています。

また、造成途中の護岸を石材の搬入に使用する計画については、埋め立て承認時に提出した環境保全図書に「海上運搬」を記載しているとして、県との協議のやり直しは必要ないとしました。

このほか、立ち入り調査については希少サンゴへの対応のため「鋭意検討を進めている」としています。