語り部の継承を ひめゆり特別講話

8月15日は終戦の日。元学徒の体験談を引き継ぐ平和講話です。ひめゆり平和祈念資料館の元学徒による体験講話は、高齢化などを理由に、2015年3月から原則、終了しています。

今回行われた夏休みの特別講話では、元学徒の宮良ルリさんの体験を引き継いだ前泊克美さんが学徒が経験した悲惨な体験を伝えました。

神奈川県からの訪問者は、職員による講話について「とてもいい事というか、大切なことだと思いますし、語り継ぐ一つの形だととしてとてもいい例だと思います」と話していました。

ひめゆり平和祈念資料館では、現在6人の職員が体験談を引き継ぎ、講話を行っています。