夏休みの水難事故に気をつけて

夏休み中の水難事故防止を呼びかけるイベントが、5日、北中城村で開かれました。

このイベントは、海や川での安全な遊び方や水難事故防止について知ってもらおうと、沖縄警察署と中城海上保安部が開いたものです。その中では、子どもたちが人形を乗せた担架に取り付けられたロープを力いっぱい引っ張り上げる救助体験にチャレンジしていました。

また大型水槽に海上保安官が潜り、水中からガラスの外の子どもたちにクイズを出題していました。

そのほか、警察コーナーでは瓶や缶に付けた指紋を採取する鑑識体験も行われました。