翁長知事に埋め立て承認「撤回」を要請

辺野古の新基地建設に反対する市民団体が、翁長知事に埋め立て承認の「撤回」を要請しました。県庁を訪れたのは、沖縄平和市民連絡会のメンバーで、翁長知事宛てに、早急に埋め立て承認を「撤回」するよう求める要請書を提出しました。

市民団体の北上田毅さんは「これ以上の大浦湾の深刻な環境破壊を、壊滅的な破壊を止めるために、今撤回をせずして、これから後、時機はないと思う。それがやっぱり現場にいる県民の思い」と要請の理由を説明しました。

参加者らは「県の動きが見えない中、現場でも焦りや不信感がある。現場は毎日ジリジリやっている」と苛立ちを露わにしていました。