イタチザメの水槽出産を世界初撮影!

23日午後、美ら海水族館でイタチザメ出産の瞬間をQABのカメラがとらえました。美ら海水族館によりますと、水槽内での出産の撮影に成功したのは、世界で初めてではないかということです。

23日、美ら海水族館で出産したのは、1日に読谷村の定置網にかかったイタチザメです。出産は23日のお昼頃から始まり、夕方まで続きました。というのも、おなかの中には40匹も子どもがいて、映像を撮影した午後4時ごろまでに30匹ほどを産んだということです。

美ら海水族館によりますとイタチザメの長期飼育は難しく、水槽内で出産した例はないとみられ、このように撮影されたのも世界初ではないかということです。

沖縄美ら海水族館魚類チームの松本瑠偉さんは「せっかく生まれた命ですから、大事に育てていきたいですが、(今)うまれたということは年齢がわかるわけです。何歳でどのくらい大きくなったかと、見ていく面白いストーリーがやってくると思う」と話していました。

産まれた子ザメは、そのままだとほかの魚に食べられてしまう恐れがあるため、飼育員がすぐに網ですくって他の水槽に移していました。