米軍はオスプレイの空中給油訓練を6日にも再開する方針で、翁長知事は米軍の要求を最優先し、容認した日本政府の姿勢を批判しました。

翁長知事は、事故原因が完全には究明されていない中での空中給油訓練再開を批判した上で、過去の航空機事故と同様、訓練再開を一方的に通告していて、県民不在だと指摘しました。

翁長知事は「県民に寄り添うと言いながら、米軍の要求を最優先する政府の姿勢は、信頼関係を大きく損ねるものであり、強い憤りを感じております」と話していました。

宜野湾市民は「原因がわからないまま再開っていうのは信じられない感じではありますね」と話していました。

また那覇市民は「反対、何も原因をはっきりさせないで、一方的に押しつけて。沖縄をバカにし過ぎている」と話していました。

一方、普天間基地では、朝から兵士たちがオスプレイに乗り込み、訓練に飛び立つ様子が確認されています。