知事会見「できれば本人に直接報告したい」

翁長知事はアメリカ大統領選挙でのトランプ氏勝利を受け、訪米準備などのため早急に人脈作りなどを進めるよう、ワシントン事務所に指示したと明らかにしました。

翁長知事は「沖縄問題というのは大変微妙で難しい問題でありますので、側近をはじめ、できたら本人に少しでも直接ご報告をしたい」と話し、新政権の顔ぶれが固まる来年1月下旬以降に訪米し、できれば、トランプ氏本人と会って沖縄の状況を報告したいとの意向を示しました

一方、北部訓練場の返還問題については、県、国頭村、東村の三者で、国に対してオスプレイの配備撤回と環境影響評価の再実施を求めることで合意し、11日夕方、共同会見で詳細を発表することを明らかにしました。