「枯れ葉剤2」民放連賞・最優秀賞を受賞

戦後も沖縄に残る深刻な汚染物質の問題を取材したQABのドキュメンタリー番組が、民放連賞・最優秀賞を受賞しました。

11月9日東京で行われた表彰式では、QABが制作した「枯れ葉剤を浴びた島2」に民放連盟賞・最優秀賞が送られました。

番組は、沖縄市のドラム缶問題を発端に、膨大な資料の検証、枯れ葉剤がまかれたベトナム取材など、緻密な取材が評価されました。

島袋夏子ディレクターは「誰でも情報が発信できる時代だがプロとして、調査報道をやり遂げたかった」と受賞の言葉を述べました。