平和劇 宮森小ジェット機墜落事故を小学生が上演

事故の悲惨は子どもたちによって受け継がれています。

57年前、整備不良でコントロールを失いパイロットが脱出したアメリカ軍のジェット戦闘機が墜落。多くの犠牲者が出たうるま市の宮森小学校で11月6日、事故を題材にした劇が披露され、地域の人など多くの人が詰め掛けました。

6年生が演じた舞台では児童らが、事故直後の学校の様子や、事故後、子どもを捜し続ける親、そして手当にあたる医師の役を演じ、当時の凄惨な状況を表現していました。

宮森小学校では、事故を題材にした劇を児童が演じるのは初めての取り組みだということです。生徒らは舞台の上で、57年前の事故を追体験し平和について考えているようでした。