16-07-12-01                                                                                 

11日に再開された東村高江のヘリパッド建設工事で翁長知事は11日夜、緊急の会見をひらき政府が環境アセスなどの手続きを進めていたことを明らかにしました。

会見で翁長知事は、沖縄防衛局から、ヘリパッド建設にともなう環境アセスや、赤土流出防止条例に基づく手続きの書類が11日提出されたことを明らかにし、政府の姿勢を非難しました。

翁長知事「選挙が終わって沖縄の民意がしっかり示された数時間後からこのようにして用意周到にできたものをですね、すぐ1日で手続きを始めていくということそのものが」「沖縄県知事として容認しがたい」

翁長知事は、ヘリパッド建設自体への賛否には言及しませんでしたが、オスプレイの配備撤回を申し入れているなかでの手続きの強行は残念、との認識を示しました。

一方、東村高江では11日に引き続き12日も朝早くから工事車両が続々と入り、現場は騒然としました。