サミット前にテロ対策訓練

サミットを前に、テロへの警戒訓練です。

5月24日、浦添警察署で行われたテロ対策訓練は、けん銃で武装したテロリストが浦添警察署を襲撃したとの想定で実施されました。テロリスト役が発砲すると、署員は盾で庁舎内への侵入を防ぎながら、応援を要請。

犯人を制圧するまでの一連の流れを確認していました。

訓練後、浦添警察署の崎原永克署長は、「警察署は多くの来訪者が来る中、武器や弾薬も保管され、侵入されると、治安上大きな問題が発生する。これからも練度を上げて、しっかりと警戒にあたってほしい」と署員を激励していました。