フッ素化合物検出 県が防衛局に米軍への照会を要請

北谷浄水場から国際条約で使用が制限されている有機フッ素化合物PFOSが検出された問題で、県は21日に沖縄防衛局を訪れ、アメリカ軍に対して使用実態などを調査するよう求めました。

要請で県は、アメリカ軍がフッ素化合物を現在使用しているなら、直ちに中止することや過去の使用履歴を明らかにすること。また、水質調査のため基地内への立ち入りやサンプリングの許可をアメリカ軍に働きかけるよう求めました。

これに対し、沖縄防衛局企画部の宮川均次長は「すでにアメリカ軍には伝えていて、速やかに調整したい」と回答しました。

県は要請のうち、現在の使用実態を知ることは緊急を要するとして、来週前半にも回答するよう求めています。