辺野古土砂連絡協が副知事を訪問

辺野古への土砂搬出に反対している全国協議会のメンバーが安慶田副知事を訪ね、活動状況などを報告しました。県庁を訪れたのは、辺野古土砂搬出反対・全国連絡協議会の共同代表を務めている阿部悦子さんです。

協議会は、辺野古の埋め立て工事の際に使用される土砂採取地の団体などが2015年5月に立ち上げ、西日本各地で署名活動などを行っています。

阿部さんは地元の小豆島の写真などを示しながら、採石場の様子などを説明しました。阿部共同代表は「辺野古も守りたいし、私たちの古里も守りたいということで、全国連絡会を立ち上げる一員になりました」と話していました。

安慶田副知事は「連携して戦えるのは意を強くします」と協議会の活動に謝意を示しました。協議会では今後、国会への要請行動なども行っていくことにしています。