15-06-04-002

訪米中の翁長知事は、アメリカの政府関係者と初めて会談し、沖縄の民意は、辺野古への基地建設に圧倒的に反対だと直接訴えました。

野島記者は「翁長知事が今、国務省に到着しました。これから初めて政府関係者との面談に臨みます」とリポートしました。

翁長知事は国務省の日本部長や国防総省の副次官補代行と会談し、新基地建設反対を訴えました。これ対し、ふたりは「日米両政府は揺るぎない決意を共有している。辺野古移設が唯一の解決策だ」と強調しました。

翁長知事は「見た感じの雰囲気からすると沖縄の問題に関して理解が深まったというようにそういった感じを受けたわけであります」と話します。

厳しい対応を受けた翁長知事ですが、あくまで「想定内だ」として、今後も働きかけを続ける考えるを示しました。