15-06-04-001

3日、那覇空港で航空自衛隊のヘリが離陸しようとした全日空機の前を横切ったなどの問題で4日運輸安全委員会の航空事故調査官による聞き取り調査が始まりました。

運輸安全委員会の吉田眞治事故調査官は「お話を伺って何が起こったかということをこれから分析していくということです。今の段階で特に申し上げることはないです」と話していました。

この問題は3日午後全日空機が離陸態勢に入ったところ突然、自衛隊のヘリが前方を横切り、全日空機は緊急停止、そのおよそ10秒後、後方からJTA機が全日空機がいる滑走路に着陸しました。

国土交通省航空局はこれを重大インシデントとして運輸安全委員会の航空事故調査官3人を沖縄に派遣しました。

調査官は4日午前9時前に空港事務所に入り関係者への聞き取りや滑走路など管制塔からの見え方などを調査しています。