15-02-19-09

白磁の作品を作り続ける陶芸家・井上萬二さんの作品展が、那覇市のデパートリウボウで開かれています。陶芸家の井上萬二さんは、佐賀県出身。白素地に無色の上薬をかけた磁器「白磁」を専門に制作し、1995年、人間国宝に認定されました。

会場には、真っ白な磁器をはじめ、タンポポの柄を掘り込み色付けした花瓶など、凛とした白さの中にも温もりを感じさせる70点の作品が並んでいます。

展示会を主催するプランニングツジの辻貞次郎さんは「沖縄にも壺屋焼きを代表とするたくさんの陶芸家がおられる。そういう方もこちらの会場にお越しになって、違う角度から磁器を見て頂くとまた視野が広がるのでは」と話していました。

作品展は23日までで21・22日には井上さんを招きトークショーも行われます。