15-02-19-08

2014年のヤンバルクイナの交通事故件数は47件と、過去最悪を記録した2012年と同数となったことがわかりました。ヤンバルクイナの交通事故は2010年から急増していて、生息域の広がりとともに、これまで事故が発生していない地域での事故件数も目立ってきています。

2014年には初めて東村で3件の事故が発生、生息域の南下が確認されています。2015年に入って事故は発生していませんが、やんばる野生生物保護センターでは、これから夏にかけ繁殖時期に入ることから、道路に飛びだすことが多くなるとして運転者への注意を呼びかけています。