多良間に漂着船

2011年の東日本大震災で被災した漁船が26日、多良間島に流れ着いているのが発見されました。

船が流れ着いたのは多良間島の海岸で、26日の朝、島に住む男性が見つけ村役場に通報しました。

漂着船には宮城県を示す「MG」の文字と数字が書かれていて、役場が宮城県水産課に問い合わせたところ、宮城県漁協志津川支所所属で2011年3月に東日本大震災で被災した漁船だということです。

所有者は処分を希望しているため、多良間村では今後、船をどうするか展示を含め検討するいうことです。