15-01-20-03

福島県特産の料理や工芸品が一堂に集めた物産と観光展が那覇市のデパートで始まっています。

会場には福島県の食品や工芸品などの33店舗が出展。いわき市で人気のかにみそで炊き込んだご飯の上にウニやイクラなどが乗った海鮮弁当や、2013年のB1グランプリで優勝した「浪江焼きそば」などが注目を集め、「食べらんしょ!」の声でにぎわっています。

また、柳津町名物の粟まんじゅうは、粟と柳津をかけて「災いにあわない」とされたくさんの人が買い求めていました。

このほか米どころ福島ならではの日本酒や、木目が美しい漆塗りの桐のタンス、会津桐の下駄など技が光る工芸品などが揃っています。福島の物産と観光展は1月26日までです。