15-01-11-01

10日夜から11日未明にかけて、辺野古への基地建設に関連するとみられる車両、およそ20台が米軍キャンプシュワブに入り、それを止めようとする市民らが抗議、逮捕者が出る事態となりました。

リポート・石橋知巳記者(10日午後11時すぎ)「基地の中に入るトラックを止めようとする人と警察との揉み合いが長時間に渡って続き、非常に緊迫した状況になっています」

10日午後9時ごろから11日午前3時ごろにかけて、基地建設に関連するとみられるクレーン車2台とミキサー車およそ20台がキャンプシュワブに次々と入って行きました。

現場には基地建設に反対する市民らが集まり、警察ともみ合いになりました。そうしたなか、抗議行動の参加者1人が警備員への暴行容疑で現行犯逮捕されました。去年(2014年)7月以降、キャンプ・シュワブでの抗議行動で逮捕者が出たのは初めてです。