アメリカ国防総省は、F16戦闘機12機を、嘉手納基地に暫定配備する方針を固めました。1月10日までに飛来する見込みです。

アメリカ国内の報道などによりますと嘉手納基地に暫定配備されるのは、アメリカウィスコンシン州の空軍州兵部隊に所属するF16戦闘機12機と兵員250人です。

部隊は現地時間の1月9日金曜日にも現地を出発して、嘉手納基地に飛来するということです。正規軍ではない空軍州兵部隊のF16が嘉手納基地に配備されるのは初めてだということです。

県基地対策課や沖縄防衛局には、8日現在、暫定配備に関する連絡はないということです。