11月16日の県知事選挙に向けて、10月18日に仲井眞知事が政策を発表しました。

18日午後、那覇市で行われた政策発表で仲井眞知事は「あらゆる基地問題の解決に取り組んでいこう。しかも現実的に前へ前へ進むことを考えてやっていこうと」と述べ、「普天間問題を先送りせず解決する」と改めて普天間基地の危険性の除去に向け、辺野古への基地建設を推進する立場を示しました。

このほか、一括交付金の導入など、2期8年間の実績を強調。なかいまビジョンと称し、21世紀ビジョンに沿う形での経済振興や離島振興、鉄軌道の導入など、およそ490の政策を発表しました。