台風による欠航が続いていた南北大東島行きのフェリーが、15日、2週間ぶりに出港しました。那覇市の泊港では、15日朝から、フェリーの出港に向けた準備が始まり、野菜や卵などの生鮮食品や、生活必需品などが次々とコンテナに収められていきました。

大東島向けに船が出るのは10月1日以来、丸2週間ぶりで、南北大東島では、物資の不足が深刻化していました。

港には、荷物を抱えたこんな方も…。女性は「テレビ見てるとニュース出てますでしょ?かわいそうでね、いとこだから。そうめんとかラーメンとか、食べ物を送ってます。(2週間ぶりの船ですね)そうなんです、大変ですよ離島って」と話しました。

フェリーはさきほど、午後5時ごろに南北大東島に向けて出港しました。北大東島には16日の朝7時頃、南大東島には午前10時頃に待望の物資が到着する予定です。