9月17日、国頭村の飲食店で調理されたオードブルを食べた24人が食中毒の症状を訴え、そのうち14人からノロウイルスが検出されていたことがわかりました。

県保健医療部によりますと9月17日職場の慰労会でオードブルを食べた人のうち24人が、下痢やおう吐など食中毒の症状を訴え、検査の結果、このうち14人からノロウイルスが検出されました。

北部保健所は、ノロウイルスが、オードブルの調理を担当した2人からも検出されたことから、従業員を介して感染が広まったと見て、オードブルを調理した国頭村の飲食店を、2日から5日間の営業停止処分にしています。