4期14年にわたり那覇市のリーダーを務めた翁長那覇市長がきょう退任しました。

翁長雄志さんは、2000年に市長選に初当選してから4期14年間にわたって那覇市長を務めました。任期中、那覇市役所の建て替えや中核市那覇のスタートなどに取り組みました。

退任式で、大勢の職員に囲まれた翁長さんはこの14年間を「もう苦しい事は忘れました。充実した楽しい素晴らしい14年間を送らせてもらいました。皆様に感謝申し上げて、私は那覇市役所を去っていきたいと思います」と振り返りました。

市長を退任した翁長さんは、11月の県知事選挙に向け4日から本格的な選挙活動に臨みます。