さて、スーパーで買い物をしていてどんな時にいい接客だなと感じるでしょうか?3日那覇市では大手スーパーのレジ担当者が接客技術を競う大会が開かれました。

レジサービスの向上を目指して、毎年接客コンテストを開いているのはイオン琉球です。3日は県内38店舗の中から予選を勝ち抜いた17人が日頃の接客技術を競いました。こちらはレジ食品部門、笑顔はもちろん正確さや速さ、そしてどんな状況でも臨機応変に対応できるかが求められます。

競技会では「マイバックはお持ちでしょうか?お客様お子様お連れですので袋詰めのお手伝い致しますか?」「大丈夫よ」「ご協力ありがとうございます。」と言ったやりとりが見られました。

大勢の審査員と店舗の応援団が見つめる中競技者は緊張しながらも一生懸命笑顔で対応していました。