5・15平和行進は18日に最終日を迎え、雨の中、多くの参加者がゴールの宜野湾海浜公園を目指しています。

沖縄本島では16日に始まった平和行進。最終日の18日は、およそ2000人の参加者が宜野湾市役所から北コースと南コースに分かれてスタートし、基地のない平和な島の実現などを訴えています。

沖縄市の女性は、「沖縄に基地がなくなるように、思いを込めて歩きたいと思います」と話し、徳島県から参加した男性は、「少しでも本土の人間にも知らせないといけないので、そういう思いで参加して、この報告をまた徳島に帰ってします」と話していました。

午後には、参加者が宜野湾市の海浜公園で合流し、県民大会が開催されます。