きのう行われた那覇市長選挙は、開票の結果、翁長雄志さんが新人2人を破り、4期目の当選を果たしました。

翁長雄志さんは「那覇市を日本一の風格ある街にしたいという思いはだれよりも強いので」「4年間での街づくりをしっかりとやりたいと思っています」と話しました。

那覇市長選は開票の結果、自民、公明、民主などが推薦する翁長さんが7万2000票あまりを獲得し共産党推薦、社民、社大支持の村山さんに5万票余りの大差をつけて4期目の当選を果たしました。

投票率は39・43パーセントと前回4年前の選挙に比べて13・63ポイントも下がりました。