News Photo

2年後に新たにキャンプを張る大人気のジャイアンツを受け入れる那覇市の職員が、ソフト面の充実に向けて県内各地のキャンプ地を視察しています。

準備を担当しているのは、那覇市観光課の池村さんと古堅さん。巨人キャンプに向け、現在各キャンプ地を視察しています。

5日に訪れたのは広島がキャンプを張る沖縄市野球場。グラウンドやブルペン、食事スペースなどを見学しました。

池村さんは「食事はすごく大事だなというところがあって、(広島は)しっかりしているなと思いました」と感心した様子でした。

5日までに4球団をまわった観光課では、6日以降も日本ハムや阪神、千葉ロッテを視察する予定です。