2017年10月5日

「戦世と沖縄芝居」特別展はじまる

明治以降、庶民に広まった沖縄芝居は今も根強い人気を誇っていますが、その歴史は戦争に翻弄されてきた歴史でもありました。そんな沖縄芝居の歴史が学べる特別企画が5日から糸満市で始まりました。 琉球王国時代、身分の高い一部の人たちの娯...続きを見る

2017年9月14日

チビチリガマ 遺族会などが被害届提出へ

読谷村のチビチリガマが何者かによって荒らされていた問題で、遺族会などは被害届を出す方針です。 12日、何者かによって荒らされているのが確認された読谷村のチビチリガマ。ガマ入り口に置かれている千羽鶴は引きちぎられ、普段は立ち入り...続きを見る

2017年9月12日

チビチリガマ 荒らされる

許しがたい行為です。沖縄戦当時、住民らが避難し、集団自決に追いやられた読谷村のチビチリガマが何者かによって荒らされていたことがわかりました。 上間貴大記者「ガマの入り口に建てられていた看板がこのように投げ飛ばされていて、千羽鶴...続きを見る

2017年9月7日

平和の折り鶴で世界一を

きょう9月7日は、72年前に沖縄戦が公式に終結した日です。その舞台となった沖縄市の人々の挑戦と、ある人の想いを取材しました。 「ギネス記録達成です」 きょう沖縄市で生まれた「世界一長くつなげた折り鶴」のギネス記録。9月7日...続きを見る

2017年9月5日

平和祈念公園で鎮魂のエイサー奉納

沖縄戦で犠牲となった人たちへ、祈りをこめて。糸満市の平和祈念公園では今年もエイサーが奉納されました。 多くの戦没者が眠る糸満市の平和祈念公園では、戦没者の慰霊と平和への願いを込めて、毎年旧盆期間中にエイサーが奉納されています。...続きを見る

2017年8月22日

撃沈から73年 対馬丸犠牲者慰霊祭

学童疎開船対馬丸が撃沈されてから22日で73年です。那覇市内で、2017年も慰霊祭が執り行われました。那覇市若狭の小桜の塔で行われた対馬丸犠牲者慰霊祭。生存者や遺族ら400人が参列しました。 対馬丸記念会理事長の高良政勝さんは...続きを見る

対馬丸 73年の慰霊祭

子どもたちを乗せた疎開船対馬丸が撃沈されてから8月22日で73年。慰霊祭が執り行われています。 疎開船対馬丸は1944年8月22日、長崎へ向かう途中の悪石島近海でアメリカ軍の潜水艦に撃沈され、0歳から15歳までの子ども1039...続きを見る

2017年8月20日

垣花奉頌会が対馬丸記念館に寄付

旧那覇市垣花地区の人たちで組織する団体が、8月18日、対馬丸記念館に寄付金を贈呈しました。 垣花奉頌会理事長・比嘉眞三さんは、「記念館の役に立てばと思っております。ぜひ平和ということで大事な仕事をなさっているので、これからも継...続きを見る

2017年8月17日

対馬丸記念館 刻銘板張り替え作業

対馬丸記念館で、犠牲者の刻銘板を新しく張り替える作業が始まりました。 刻銘板は2009年にリニューアルされましたが、劣化が進んだため、22日の慰霊祭を前に、再び、新しく張り替えることになりました。対馬丸記念館の外間邦子常務理事...続きを見る

2017年8月14日

語り部の継承を ひめゆり特別講話

8月15日は終戦の日。元学徒の体験談を引き継ぐ平和講話です。ひめゆり平和祈念資料館の元学徒による体験講話は、高齢化などを理由に、2015年3月から原則、終了しています。 今回行われた夏休みの特別講話では、元学徒の宮良ルリさんの...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.