2017年6月26日

メッシュヘリ募金を高校生が呼びかけ

6月23日高校生たちが行ったのは民間救急ヘリMESHの支援継続を呼びかける募金活動。本島北部や周辺離島で活動しているMESHですが、現在、自治体からの補助金もなく2017年4月から、運航休止に追い込まれています。 活動には年間...続きを見る

2017年6月16日

発足1年 子どもの未来県民会議が総会

子どもの貧困対策に取り組む「子どもの未来県民会議」の総会が6月16日に開かれ、子ども支援の新たな取り組みの提案を呼びかけました。 子どもの未来県民会議は、2016年6月に発足し、初年度は5000万円余りの寄付がありました。 2...続きを見る

2017年6月15日

心臓移植手術成功の希羽ちゃんが退院 初の沖縄

2016年、アメリカで心臓の移植手術を受けた翁長希羽ちゃん(3)。6月15日、両親とともに沖縄に帰ってきました。希羽ちゃんにとっては、初めての沖縄です。 14日、大阪の病院を無事退院した希羽ちゃん。集まった報道陣に元気な姿を見...続きを見る

2017年6月13日

子どもの貧困対策推進会議 改善状況など報告

子どもの貧困解消に向け、県の関係部局でつくる子どもの貧困対策推進会議が13日に県庁で開かれました。 子どもの貧困対策推進会議には翁長知事をはじめ、各部の部長らが出席し、県が目標値を定めた子どもの貧困に関する指標の改善状況などに...続きを見る

2017年6月7日

学生が訪問 美容でお年寄りを元気に

お年寄りに若さを取り戻し元気になってもらおうと7日、美容を学ぶ専門学校生たちが那覇市の福祉施設20カ所を訪れました。 開南の福祉施設にはオシャレを楽しんでほしいと美容師などを目指す専門学校生31人が訪れました。ハンドマッサージ...続きを見る

ハンセン病に関する正しい知識を普及するパネル展

ハンセン病を正しく理解してもらおうと、6月7日から写真パネル作品展が始まりました。 6月は「ハンセン病に関する正しい知識を普及する月間」で、22日には「らい予防法による被害者の名誉を回復及び追悼の日」となっていることから、県立...続きを見る

2017年6月6日

津堅島の医療安全体制確保へ

離島の医師の安全を確保するための協定が結ばれました。 6月6日結ばれた協定は、2017年2月に北大東島で起きた女医への恐喝事件を受けて、医師の安全を確保しようと津堅島とうるま市、中部病院の3者が4月1日付けで締結したものです。...続きを見る

2017年6月5日

世界禁煙デーで啓発イベント

世界禁煙デーにあわせ県立中部病院では、5日、喫煙による悪影響を紹介するとともに禁煙を呼びかける講演会が開かれました。 県立中部病院では5月31日の「世界禁煙デー」に合わせ医師や看護師による講演会や健康相談会を開いています。 5...続きを見る

2017年6月2日

車いすでも楽々海へ バリアフリーマット体験

車いすやベビーカーでもビーチで水際まで行ける日本初上陸のバリアフリーマットが披露されました。フランスの老舗素材メーカーが1992年に開発したというバリアフリーマット。 軽くて丈夫なポリエステル素材を特殊な技法で織り込むことで、...続きを見る

2017年6月1日

子どもの未来県民会議 理事会

子どもの貧困対策に取り組む「子どもの未来県民会議」の理事会が開かれ、経済的な問題を抱えた子どもを支援する新たな取り組みの提案を構成団体に呼びかけました。 子どもの未来県民会議は2016年6月に発足し、企業などからの寄付により初...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.