2017年4月28日

経済的理由で受診せず手遅れで死亡2件

経済的理由で病院を受診せず、手遅れになって亡くなった事例が、2016年、県内で2件あったことが明らかになりました。 28日に県庁で会見した沖縄民主医療機関連合会によりますと、2016年1年間に、全国641の医療機関を対象に調査...続きを見る

2017年4月20日

観光中に早産の台湾妊婦に寄付殺到

台湾から3月沖縄にやってきた妊婦が沖縄で出産。しかし、高額の医療費に困っていたところ、今、支援の手が差し伸べられています。 3月30日、新婚旅行で沖縄を訪れていた妊娠7か月の女性が、県内の病院で884グラムの赤ちゃんを出産し...続きを見る

2017年4月13日

Qプラスリポート 「たいようのえくぼ」創刊9年 子育ての味方

沖縄県内で6歳未満の子どもを育てている世帯数はおよそ7万世帯。そんな子育てに奮闘する家族を応援したいと始まったフリーペーパーがあります。それを制作しているのは、子育て中のお母さんたち。手作りの雑誌はお母さんたちの大きな味方とな...続きを見る

2017年4月6日

原発事故避難者が沖縄協同病院グループに感謝状

東日本大震災の原発事故で沖縄に避難している人たちが、医療費の窓口負担の免除や健康診断などの医療支援を行ってきた沖縄協同病院グループに感謝状を贈りました。 「つなごう命の会」の伊藤路子さんは「大変応援していただきました。本当にあ...続きを見る

2017年3月28日

北部地域の代表ら基幹病院整備を県に要請

やんばるの医療を充実させてほしいと、北部地域の市町村長などがおよそ11万人分の署名を提出しました。 市長村長らは、県立北部病院と北部地区医師会病院で医師が分散され、病院の機能が縮小している現状を改善してほしいと2013年から要...続きを見る

2017年3月23日

Q+リポート ベトナム特集(2) 枯れ葉剤被害者 支援する人々

ベトナム企画、2回目のきょうは、枯れ葉剤被害者と彼らを支える人たちの姿を追いました。 ベトナム戦争の前線基地だった沖縄。爆撃機が飛んで行った向こうの国で今も続く現実に、私たちはどう向き合っていくべきなのでしょうか。 ダナン...続きを見る

高齢者介護施設での虐待が過去最多の4件に

2015年度の高齢者への虐待報告件数は134件で、2014年度よりやや減少したものの、介護施設での虐待は過去最多の4件だったことがわかりました。 県によりますと2015年度、高齢者への虐待が報告された件数は134件で前の年度に...続きを見る

2017年3月18日

妊娠期から切れ目のない子育て支援を

妊娠期からの切れ目のない子育て支援について考える研修会が17日、南風原町で開かれました。 研修会には、日ごろ児童福祉や子どもの貧困対策など、子育てに関わる市町村の職員らおよそ140人が参加しました。 講師を務めたのは、大阪府立...続きを見る

2017年3月15日

カヌチャが赤十字病院に義援金贈呈

東日本大震災の復興に役立ててほしいと、14日、名護市のホテルがイベント収益金の一部を沖縄赤十字病院に贈呈しました。 義援金を送ったのは、カヌチャリゾートの白石武博社長で「県民の皆さんの温かい気持ちを集めた」と日本赤十字社沖縄支...続きを見る

2017年2月27日

難病の子どもをホテルで受け入れ

難病を抱えた子どもたちとその家族に沖縄観光を楽しんでもらおうという受け入れプロジェクトが県内のリゾートホテルで行われました。 ウィッシュ・バケーション・プロジェクトは難病の子どもたちとその家族を国内の観光地などに招くもので、県...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.