2018年3月30日 18時26分

ひめゆり平和祈念資料館 島袋館長退任

ひめゆり平和祈念資料館 島袋館長退任

元ひめゆり学徒でひめゆり平和祈念資料館の館長を7年勤めた島袋淑子さんが高齢のため30日で退任することになりました。

2011年にひめゆり平和祈念資料館の館長に就任した島袋淑子さんは、17歳の時にひめゆり学徒隊として動員されこれまで悲惨な戦争体験の証言や後継者の育成にも力を入れてきました。

退任式では、職員などから花束が手渡され平和であることの大切さを訴え続けていくことが、亡き友や先生に対する償いだと話しこれからも平和のために頑張りたいと語りました。

島袋淑子さんは、「みんなに感謝しながら亡き友にきょう朝報告しました。私がこうしてきょうを迎えられるのも、みな先生方や、みなさんが守ってくださったからです。ありがとうございます」と話しました。

島袋さんの後任は、初の戦後世代で現在の副館長、普天間朝佳さんが引き継ぎます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.