2018年9月20日

7人の知事 6代目 仲井眞弘多

シリーズでお送りしている「7人の知事」。復帰後これまでに誕生した歴代の知事7人が残した言葉や直面した課題をみつ、今の沖縄を考えます。きょうは6代目の知事、仲井眞弘多さんです。 沖縄県6代目の知事、仲井眞弘多。前稲嶺県政の継承・発展を掲げ、基地...続きを見る

Qプラスリポート きょうから動物愛護週間 殺処分減少の一方で起きる虐待

きょうから始まった「動物愛護週間」。近年、県内でのイヌやネコの殺処分数は減少傾向にありますが、その一方で野良ネコなどへの虐待が相次いでいます。動物の命について考えました。 県動物愛護管理センターにある慰霊碑。ここには、これまでに殺...続きを見る

ウルトラマンの生みの親 金城哲夫「古里への思い」

「ウルトラマン」の生みの親、南風原町出身の脚本家・金城哲夫さんが生前に手がけた映像作品が発見され、あすから一般公開されます。そこに込めた沖縄への思いとは。 舞台「光の国から僕らのために~金城哲夫伝~」。あさってから南風原町をはじめ、県内各地で公演されます...続きを見る

辺野古県民投票条例案が審議入り

辺野古新基地建設に向けた埋め立ての賛否を問う県民投票条例案が9月20日、県議会で審議入りしました。 県民投票条例をめぐっては、約9万3000筆が県に提出され、県民投票条例の制定が県に直接請求されていました。 臨時議会で県は県としても県民投票...続きを見る

沖縄と北海道の企業が連携 「どさんこしまんちゅ」

沖縄のしまんちゅと北海道のどさんこが観光やビジネスでタッグを組むプロジェクトが発足し、北海道でフォーラムが開かれました。 9月19日、札幌市で開催されたフォーラムは沖縄と北海道の民間企業が観光やビジネスの分野で連携し、両地域の強みを生かして地方創...続きを見る

県民投票条例 審議入り

辺野古新基地建設に向けた埋め立ての賛否を問う県民投票条例案が、先ほど県議会で審議入りしました。 県民投票条例をめぐっては、約9万3000筆が県に提出され、県民投票条例の制定が県に直接請求されていました。臨時議会で県は、県としても県民投票の意義に賛...続きを見る

興南高校で生徒26人が熱中症で搬送

19日、那覇市の興南高校で体育祭のリハーサル中生徒26人が熱中症とみられる症状で病院に搬送されました。 学校や消防によりますと、19日は午前9時からグランドで週末の体育祭に向けて通しリハーサルが行われていました。そのさなかに、生徒たちがめまいなど...続きを見る

工事停止中に長島洞窟調査を

新基地建設が止まっている辺野古沖にある長島洞窟の科学的調査を日本自然保護協会が沖縄県に要望しました。 洞窟の底に堆積した無数のサンゴのかけら。天井を見ると鍾乳洞のような特徴が見て取れます。これはサンゴ礁地理学などの専門家が今月8日と12日...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.