2017年12月14日

米軍落下物 相次ぐ事故 住民の不安と恐怖

もしも落ちる場所ばずれていたら一大事だった事故でした。きのう、子ども達がいる普天間第二小学校のグラウンドにアメリカ軍のCH53ヘリから窓が落下した事故。一夜明け、住民の不安と恐怖は大きくなり、抗議の声も高まっています。 久田記者「事故から...続きを見る

翁長知事が緊急上京 落下事故に抗議

この事故を受け12月14日、翁長知事は緊急で上京。「差別だ」という強い言葉で政府に抗議しました。 翁長知事は山本防衛副大臣に抗議、要請後、「2か月前には不時着炎上、1週間前には保育園に部品が落ちた。昨日は1メートル四方の窓枠が落ちたと。こういった...続きを見る

“藍ちゃん” 引退記念切手あすから販売

宮里藍さんの引退記念切手があす15日から販売されます。 日本郵便沖縄支社では、東村出身で国内外で活躍した宮里藍さんの功績を称え、オリジナルフレーム切手を販売します。 切手は、台紙とチップマーカー付きの沖縄限定版と直筆メッセージが入った全国版...続きを見る

浦添市が県外向け保育士募集事業

待機児童問題の解決に向け、浦添市は12月13日、県外から保育士を募集すると発表しました。 対象は保育士および保育士と幼稚園教諭両方の資格を持つ県外在住者で、総額100万円の支度金と3年間の宿舎の提供、これに加え日額最大1万円の給与を条件としていま...続きを見る

まも散歩「○○のために作られた石畳」

私、中村守が沖縄の不思議や様々な出会いを求めて歩く「まも散歩」。今回はどんな発見が待っているのでしょうか? 那覇市小禄で「人を襲う妖怪だった」という恐ろしい伝説が残る小さな森や、地域が復活を目指す伝統の織物に触れた前回。再び住宅地...続きを見る

窓落下事故から一夜、保護者には危機感

普天間第二小学校のグラウンドにアメリカ軍ヘリの窓が落下した事故から一夜、小学校では児童らが登校しました。保護者からは不安の声が聞かれました。 久田友也記者「事故から一夜あけた普天間第二小学校では、なるべく普段通り迎えてあげようと、...続きを見る

ビジネスチャンスを掴め! 大異業種交流会

様々な職種の企業が交流し、新たなビジネスチャンスを創出しようというイベントが13日、那覇市で開かれました。 那覇市の沖縄セルラーパークで開かれた、万国津梁大異業種交流会には、県内はもちろん台湾などの企業およそ250社が参加し、主力商品...続きを見る

沖縄尚学高校「空手演武大会」

沖縄尚学高校恒例の空手演武大会が、13日、那覇市の県立武道館で開かれました。 文武両道を掲げる沖縄尚学高校は、2007年から、沖縄の伝統空手を取り入れたカリキュラムを実施し、全校生徒が空手の段や級の取得に取り組んでいます。 大会...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.