翁長知事が緊急上京 落下事故に抗議

この事故を受け12月14日、翁長知事は緊急で上京。「差別だ」という強い言葉で政府に抗議しました。

翁長知事は山本防衛副大臣に抗議、要請後、「2か月前には不時着炎上、1週間前には保育園に部品が落ちた。昨日は1メートル四方の窓枠が落ちたと。こういったことは重く受け止めているのでぜひとも頑張っていきたいと(説明があった)。山本副大臣にも差別だという話をさせてもらいました。他の都道府県でこんなことがあったらとても無関心ではいられないはずです」と話しました。

翁長知事は防衛省に対し、県内のアメリカ軍のすべての航空機について、点検が終わるまで飛行させないよう要請し「仕組みを変えないと同じことの繰り返しだ」と日米地位協定の改定も訴えました。