2017年1月5日

つながる × 若年性認知症 “記憶”を書き残す男性の思い

509人という数字。実はこれは県内で「若年性認知症」と診断された方の人数です。その実態がまだ社会に周知されていない中、県内で初めて「若年性認知症」だと公表した男性を取材しました。 いつもの職場を目指す男性。その手には写真つきの手作...続きを見る

沼尻アナ 突撃中継 今年は酉年!県内駆け回ります

2017年、ことしの干支は「酉」ということで、沼尻アナウンサーが鳥にまつわる場所に突撃しているようです!呼んでみましょう、沼尻さん!                                            ...続きを見る

オスプレイ空中給油訓練あす再開へ

米軍はオスプレイの空中給油訓練を6日にも再開させると発表し、日本政府もこれを容認しました。 菅官房長官は「米側がとった再発防止策について、事故防止に有効と認められる対策を幅広くとっているものと認められた」と話していました。 訓練再開について...続きを見る

ANA沖縄空港で社内成人式

9日の成人の日を前に、ANA沖縄空港で社内成人式が行われました。 新成人は「皆さまからの温かいお祝いと激励のお言葉を頂き、新成人としての喜びを噛みしめると同時に今後の責任の重大さを痛感しています」と話していました。 那覇空港のカウンター業務...続きを見る

ドイツ陸上連盟が県と面談

3年後の東京オリンピックに向けて、ドイツ陸上代表チームの総監督が翁長知事を訪ね「事前合宿地を県内で探したい」と意欲を語りました。 翁長知事と面会したのは、ドイツ陸上競技連盟の管理部長と総監督です。ふたりは、東京オリンピックの開催1か月前に行う事前...続きを見る

オスプレイ空中給油訓練あす再開

アメリカ軍は、普天間基地所属のオスプレイの空中給油訓練を1月6日にも再開させることを決め日本政府もこれを容認しました。 午前の会見で菅官房長官は「米側がとった再発防止策について、防衛省自衛隊の専門的な知見に照らして分析した結果、事故防止に...続きを見る

反対の声の中 辺野古沿岸部 作業進む

新基地建設に向け、1月4日から作業が本格化している名護市辺野古の沿岸部では、5日の朝も作業の様子が確認されました。 5日朝名護市辺野古のキャンプシュワブのゲート前には、新基地建設に反対する約120人が集まり、抗議の声をあげました。 講義...続きを見る

園児ら昔ながらのムーチーに舌鼓

1月5日は、子ども逹の健康を願う旧暦の伝統行事ムーチーです。南城市の保育園では子どもたちがムーチーづくりを学びました。 月桃の葉を抱えて登園したのは、あおぞら保育園の園児たち。5日のムーチー会には0歳児から5歳児まで約110人が参加し...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.