2 / 22123...1020...最後 »

2014年5月29日

Q+スポーツ部 戦うマットの影で泣いたレスラー

こんにちは、スポーツです!きょうは、沖縄唯一のプロレス団体、琉球ドラゴンプロレスについてです。先月の一周年記念大会は大勢の観客で賑わいましたが、その成功の陰には団体のために地道な活動を続けるレスラーの思いがありました。 沖縄プロレスの解散後、沖縄唯一のプ...続きを見る

西普天間地区に琉大病院移転を要請

来年3月に返還されるキャンプ瑞慶覧西普天間住宅地区への移転計画が持ち上がっている琉球大学病院について琉大の大城学長らが仲井眞知事を訪ねて正式に協力を要請しました。 大城琉大学長「医学部及び、医学部付属病院をこの地区に移設しまして、国際医療拠点...続きを見る

21日の久米島「爆発音」を受け町が調査

5月21日に久米島の沖合で大きな爆発音と黒い煙が目撃された事を受け久米島町役場が独自に付近を調査をしていたことがわかりました。 これは5月21日午前久米島町の沖合で大きな音がして黒い煙が上がっているのが地元の人に目撃されたもので、現場付近には...続きを見る

県観光危機管理ワーキンググループ初会議

県内で大規模な災害が発生した場合、観光客の安全をどう守るのかについて県と旅行業者などが話し合いました。 県では、2013年度、入域観光客数が過去最多となったことを受けて、県内で大規模災害が発生した場合、観光客の避難方法や災害情報の提供...続きを見る

地域をあげて万引き防ごう

子どもたちの万引きを防ぐため、地域をあげて取り組んでいこうという対策会議が5月29日浦添市で開かれました。 この会議は青少年健全育成市民会議が9年前から開いているもので警察や自治会、PTA、地域の店舗などから担当者が参加しました。このうち...続きを見る

竹富町町民の会「今後も竹富の教育を見守る」

八重山地区の教科書問題を巡り、元教員らでつくる竹富町町民の会が5月29日会見を開き、単独採択の決定を支持すると共に今後も竹富の教育現場を見守っていきたいと話しました。 町民の会、庄山守世話人は「私たち町民の会は子どもが主人公である教育の本...続きを見る

カビの生えたカステラを回収命令

那覇市内の店舗で製造・販売されたカステラにカビが生えていたとして那覇市保健所は5月28日食品製造販売店に回収と営業停止を命じました。 回収対象の商品は、那覇市松尾の沖縄カステラ本舗で製造されたパイナップル入りのカステラで、2014年4月以...続きを見る

夏のおたより「かもめーる」

夏のたより「かもめーる」の販売が5月29日から全国一斉にスタートしました。「どうぞ!」那覇中央中央郵便局でテープカットの様子。 暑中見舞い用のはがきとして毎年発売される「かもめーる」。発売開始のきょうは、セレモニーが開かれ、保育園児が暑さに負けない元...続きを見る

2014年5月28日

検証動かぬ基地vol.133 辺野古ハーリー 地域の人々の思い

初夏を予感させるこの時期、県内各地で伝統行事のハーリーが開催されますが、まもなくその海が埋め立てられ、これが最後のハーリーになってしまうかもしれないという地域があります。名護市辺野古区が普天間基地の移設先とされてから18年。大きな節目を前にした区民たちの思いを...続きを見る

単独採択決定後、初の竹富町教育委員会

八重山地区の教科書採択を巡る問題で県教育委員会から単独採択が認められて初めてとなる竹富町教育委員会定例会が28日開かれました。 先週末に文科省が違法確認訴訟を行なわないとしたことを受け慶田盛教育長は、「ひとつの区切り」と報告しました。竹富町教育委...続きを見る


2 / 22123...1020...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.