2012年9月21日 11時44分

配備への準備本格化 オスプレイ国内初の試験飛行

アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが21日、国内で初めて試験飛行を行いました。普天間基地配備に向けた準備が本格化します。

山口県の岩国基地への陸揚げからおよそ2ヵ月。駐機場では21日、尾翼を赤に塗装した隊長機がローターを回し始め、滑走路へと移動を開始。そして午前9時25分に一機目が飛び立ちました。

槙原真一記者は「オスプレイが動き始めました。助走をつけながらゆっくりと飛び立ちました。岩国基地に陸揚げされてから2ヵ月、今、初めての試験飛行にオスプレイが飛び立ちました」とヘリからレポートしました。

オスプレイは離陸後およそ2分で、飛行機モードへの転換を終え、下関沖の訓練空域へと向かいました。

海兵隊は、岩国基地で12機の試験飛行を行って整備状況などを確認した後、早ければ28日にも普天間基地への配備を開始する予定です。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.