2012年7月20日

県警 「非行防止対策」看板を設置

夏休みに増加する子どもたちの深夜徘徊などの非行を防ごうと20日、県警では、対策強化に乗り出しました。 県警本部で行われた少年の非行防止対策の看板掲示式で生活安全部の前泊良昌部長は「夏休みに入ると、子どもたちは開放的になる。夜遊びをさせない...続きを見る

夏休みは注意を!水難事故に注意呼びかけ

県警では夏休みをまえに、水難事故に対する注意を呼びかけています。県内では2012年に入り7月17日までに、27件の水難事故が発生、死者・行方不明者は17人となっています。 なかでも、ライフジャケットを装着せずに事故にあった例が最も多く、事...続きを見る

河川愛護月間 国場川流域で清掃活動

7月は河川愛護月間です。那覇市の国場川流域では、20日、建設業者などが参加し清掃活動が行われました。 これは県南部土木事務所が毎年、河川愛護月間に行っているもので、今回は建設業者など300人余りが参加。県南部土木事務所の儀間真明所長は「河川への不...続きを見る

「シュラウドカバー」見つからず 航空自衛隊ヘリから部品落下

19日、訓練中の航空自衛隊のヘリコプターからプラスチック製の部品が落下しました。航空自衛隊の発表では部品はまだ見つかっていません。 航空自衛隊那覇基地によりますと、19日午後4時過ぎ、うるま市の浮原島での訓練から帰ってきたCH47型輸送ヘ...続きを見る

「がん条例」可決 患者会「ようやくスタートライン」

がん患者が生きやすい社会を目指し制定が急がれていた「がん対策推進条例」が19日の県議会で可決されました。 2012年の6月県議会でようやく可決された「がん対策推進条例」。当初、2月議会で提案し条例化する予定でしたが条例文などについて患...続きを見る

北谷町で「津波避難ビル協定」新たに28施設と協定結ぶ

20日、北谷町は津波が発生した時の緊急避難施設として海岸沿いのマンションなど28施設と、新たに協定を結びました。協定はこれで33施設、県内では最大規模となります。 2011年3月の東日本大震災以降、県内各自治体では津波の際の一時避難施...続きを見る

「気ぃちきらな!」方言による交通安全講話

高齢者にわかりやすく交通ルールを学んでもらおうと、20日、南城市でウチナーグチによる交通安全講座が開かれました。 与那原警察署が主催した交通安全講座には南城市の知名老人会のお年寄りおよそ30人が参加。久手堅駐在所の小度巡査部長は、趣味の沖...続きを見る

東日本大震災 津波で流された船漂着

東日本大震災の津波で流されたとされる漁船が1800キロ以上離れた沖縄まで流され、19日に発見されました。 19日午後2時35分ごろ「伊計島と宮城島の内側のリーフに漂流しているボートがある」と中城海上保安部に通報があり、漁船が発見されました。 ...続きを見る

小中学校 さぁ夏休みだ!

県内の公立小中学校は21日からいよいよ夏休み。那覇市の開南小学校では修了式が行われました。 1学期前半の修了式には全校児童が参加。高良恵子校長が早寝早起きをすることや道路に飛び出さないなどの交通マナーについて、夏休みの注意点を話しました。 ...続きを見る

少年サッカー 全国大会出場結団式

7月30日に静岡県で開かれる少年サッカーの全国大会に出場するチームの結団式が、19日に那覇市で行われました。 県内48チームが参加した予選大会を勝ち抜き、全国への切符を手にしたのは那覇市の少年サッカーチーム宇栄原FCです。結団式にはチームの選手や...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.