10 / 23« 先頭...91011...20...最後 »

2011年8月17日

環境アセスやり直し訴訟弁護団 現地進行協議に向けて辺野古視察

名護市辺野古への普天間基地代替施設の建設に伴う環境アセスのやり直しなどを求めている訴訟の弁護団が8月17日、現地を視察しました。 名護市辺野古を訪れたのは、環境アセスのやり直しなどを求めている訴訟の弁護団のうち8人です。8人は2011年9月、担当...続きを見る

城岳小・開南小の児童 法務局の仕事学ぶ

法務局の仕事内容を知ってもらおうと、8月17日、那覇地方法務局で親子見学会が開かれました。見学会に参加したのは那覇市の城岳小学校と開南小学校の、児童と保護者あわせて21人です。 土地や会社の登記や戸籍登録、人権に関する相談窓口の説明とともに、ビ...続きを見る

八重山地区 教科書選定で沖教組が要請

八重山地区の教科書の選定をめぐって県の教職員組合が、16日沖縄戦の実相を記述している教科書を選ぶよう協議会に申し入れしました。 採択協議会に申し入れをしたのは、県教職員組合の山本隆司委員長ら3人です。山本委員長は、2007年の...続きを見る

国頭村 回復したヤンバルクイナ森へ

けがをして保護されていたヤンバルクイナが回復し16日、やんばるの山の中にかえされました。このヤンバルクイナは7月31日に国頭村安田の県道で交通事故にあって動けなくなっていたところを保護されNPOどうぶつたちの病院で治療を受けていまし...続きを見る

紅型デザイン作品展

伝統工芸の振興と若手紅型作家の育成をめざすりゅうぎん紅型デザインコンテストの入賞作品展が那覇市で開かれています。 2011年で20回という節目を迎えたコンテストには10代から69歳まで、49作品の応募があり、その中から選ばれた...続きを見る

2011年8月16日

Qリポート 普天間高校 全国大会に挑む

各県の強豪がその演技を競いあう全日本ダンスフェスティバル。いろんな部活の寄せ集めながら全国切符をつかんだ普天間高校のテーマは「フェンスの向こうに」です。基地問題を全国に訴えたい彼等の挑戦を追いました。 先週神戸で開催された高校ダンスの甲...続きを見る

那覇工業・那覇西 腐葉土の放射線量は異常なし

県内2つの高校で、放射性セシウムを含む可能性のある腐葉土が使用された問題です。県が16日、現場の花壇などの放射線量検査を実施、測定結果は日常生活しているときに浴びている自然放射線量と同じ位の値で健康に影響のない数値でした。 県は15日、県内で流通...続きを見る

沖縄防衛局 田中局長 辺野古移設進めたい

15日付けで着任した沖縄防衛局の田中聡局長が県庁を訪ね、普天間基地を辺野古に移設するという日米合意を進めていきたいと抱負を語りました。 田中局長は現在50歳。これまで防衛省地方協力局企画課長などを務めました。沖縄で勤務するのは、13年ぶり、2回目...続きを見る

総合文化祭 特別支援学校生徒の力作ずらり

特別支援学校中学部の生徒たちが制作した絵画や写真などを紹介する総合文化祭が16日から那覇市の県立博物館・美術館で開かれています。 初日の16日はオープニングセレモニーが行われ、美咲特別支援学校と鏡が丘特別支援学校の生徒たちが踊りや歌を披露して会場...続きを見る

ものづくり体験

参加するのは毎年、抽選になるほど子どもたちに人気です。夏休み中の子どもたちに科学の不思議や楽しさを知ってもらおうと、親子を対象にしたものづくり体験教室が開かれました。 この催しは、沖縄工業高校で毎年開かれていて、2011年は14のコースに124...続きを見る


10 / 23« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.