コロナ禍で延期されていました。恩納村にある沖縄科学技術大学院大学で5月22日に設立10周年を祝う式典が開かれました。

沖縄科学技術大学院大学・OISTは、沖縄振興と自立的発展、世界の科学技術の発展に貢献する目的で2011年11月に開設されたものです。

コロナ禍で延期していた設立10周年の式典が5月22日に開催され、玉城知事や西銘担当大臣など県内外からおよそ400人が出席し、世界的なヴァイオリニスト加野景子さんとピアノの演奏で華を添えました。

玉城知事「本県の産業振興への貢献が期待される多数の研究も進められており、今後OISTが進める研究から、我々の生活を劇的に変え、世界の平和と持続可能な発展に貢献する成果が次々と生み出されることでしょう」

OISTの理事長・学長を務めるピーター・グルース博士はこれまでの10年間の感謝を述べた上で「今の沖縄にはスタートアップやデジタル化が必要であり、今後も研究成果で社会に貢献していきたい」と抱負を語りました。

さらなる研究の発展誓う OIST創立10周年で記念式典