22日夕方、那覇高校で大木のガジュマルが倒れ、軽自動車1台が下敷きとなりました。その時間帯は、本島地方に強風注意報が出ていました。

警察や学校関係者などによりますと、22日午後5時ごろ、那覇高校敷地内の目測15メートルほどのガジュマルが倒れ、生徒を迎えにきていた保護者の車が下敷きになりました。この倒木によるけが人は出ていません。

撤去作業のため学校前の県道が一車線規制され、およそ4時間にわたり、片側通行となりました。

下敷きになった車の運転手は、「娘が助手席に乗り込もうとしたときに木が倒れてきた。1、2歩前にいたら当たっていたかもしれない」と話していました。

沖縄気象台によると、那覇市では22日午後5時、風速11.2メートルのやや強い風が吹いていて沖縄本島地方には強風注意報が出ていました。

那覇高校でガジュマルが倒れる