通信費の負担を軽減することで、子どもたちの生活環境の改善につなげようと24日、県PTA連合会と格安料金の通信サービスを提供する一般社団法人が協定を結びました。

この協定は子どもの育成・支援に向け、全国で初めて、通信費の負担軽減などに連携して取り組んでいくものです。

協定を結んだ県PTA連合会と格安料金の通信サービスを提供する一般社団法人日本自由化事業協会は、取り組みの第一弾として、一般的な通信会社よりも月額料金が割安な「PTAモバイル」プランを来月から実施。PTA会員の場合は、月額基本料金が税込み110円で最大3カ月間利用可能ということです。

県PTA連合会の伊禮靖会長は「家庭に占める通信費の割合は高い。負担を軽減することで、浮いた経費を子どもの教育費に割り当てることができる」と連携の意義を説明しました。

PTA連合会が格安通信サービスと連携