過去最多となり、感染拡大に歯止めがかかりません。7月31日、県内では439人の感染が新たにわかり、始めて400人を超えました。

新たに感染が確認されたのは、県の速報値で10歳未満から90歳以上までの男女あわせて439人で、県内の累計感染者数は2万4761人となりました。7月31日を含めた1週間あたりの新規感染者数は2239人でこれまでで最も多く、人口10万人あたりだと153.48人となり、過去最悪の数字となりました。

年代別にみると20代で144人、30代で86人となっていて、全体の半数を占めています。

また、うるま市の医療機関で起きたクラスターではさらに感染者が増加し、7月30日時点で患者、職員あわせて140人の感染がわかり、入院していた4人の患者が死亡したということです。

新型コロナ 過去最多439人感染