沖縄自動車道と北部地域を結ぶ自動車専用道路、国道58号名護東道路の世冨慶インターチェンジから数久田インターチェンジの2.6キロの区間が7月31日に開通しました。

7月31日午前10時に新たに開通したのは、沖縄自動車道と北部地域を結ぶ自動車専用道路、国道58号名護東道路の世冨慶、数久田インターチェンジ間の2.6キロです。

名護東道路は2001年に着工し2012年に伊差川、世冨慶インターチェンジの4.2キロが開通、着工してから20年が経過した2021年7月31日に世冨慶、数久田インターチェンジ間が開通し、全長6.8キロの区間が全面開通しました。

開通によって中南部からのアクセス向上や名護市内の交通渋滞緩和、北部地域の活性化などが期待されています。

また沖縄自動車道許田インターチェンジから道の駅おおぎみまで、これまでのおよそ3割、11分間短縮され、28分で行くことが可能だということです。

名護東道路全面開通