過疎が進む山村や離島に留学し、暮らしながら学校に通う「山村留学」。渡嘉敷島に「島留学」している、都会からきた子ども達を4月に取材しました。今回はそんな島留学の「夏」。梅雨も明け、1学期を終えた子ども達の様子をお伝えします。

光輝く海!どこまでも青い空! 渡嘉敷島は夏真っ盛り。那覇から西に約30km。慶良間諸島、渡嘉敷島。この春、全国各地から5人の子ども達が「島留学」してきました。家族と離れ、島で暮らして3カ月あまり。子ども達はすっかり真っ黒。

藤原嶺人さん「楽しいです!」酒井しいさん「毎日修学旅行してるみたい」池辺大智さん「来てよかったなって」栗田そらさん「はい満喫してます」

バレラシッド愛凛七さん「初めてやることのリストがどんどん埋まっていくような感じがして、新しい中学生活という面で楽しかったなと思います」

栗田そらさん「ホームシックになるかと思ったんですけど毎日皆とお泊り会してるみたいで」

この島の暮らしを心ゆくまで楽しんでいるようですね!

池辺大智さん「ここでしか出来ない経験とか今してるんで」れんかさん・ほのかさん「今年はさわがしい!皆仲良し。留学生がいるときはワーワーしててうるさいけど家族になると静かになる」

渡嘉敷島留学「わらびや」の夏

島留学は基本1年間を島で暮らし、集団で日常の生活を送りながら地元の学校に通って社会性などを身につけます。

藤原嶺人さん「メンバーが変わって雰囲気も変わって色んな事が出来たりとか」

「留学」ですから勿論、勉強だって頑張りました。

酒井しいさん「そらと大智がすごく頭が良くて、愛凛七は英語がぺらぺらなのでわかんなくても教えてもらったり出来るので」栗田そらさん「クラスも人数少ないから先生たちがわかんないところ全部教えてくれる」

子どもたち独自で独特な自由研究もしています。それは「昆虫食」!

池辺大智さん「ここでしか出来ない自由研究だと思って」オオジョロウグモ食べて「土です!」

栗田そらさん「昨日食べたクモがすごいまずくて吐きそうでした。アオムネスジタマムシっていう虫がいて緑い虫で見た目はオエってなるけど味がポップコーンみたいでおいしい、意外と食べられます」

きちんとデータを取って分析し、真面目に取り組んでいます。未来の研究者が誕生するかも!?飼っている鶏にも変化が。新たに「名古屋コーチン」の卵を購入し孵化させて育てているのです。

酒井しいさん「オスは食べてメスは卵を増やしたりできたらいいなっていう」

「わらびや」では可能な範囲での自給自足の暮らしを営んでいます。肉や卵を得るための鶏を飼い、畑で野菜を育て、そして田んぼでの稲作でお米は100%、賄っています。ただ少し残念なことも。梅雨の終りの長雨で稲の生育が遅れ、今週末に予定していた「稲刈り」が延期になってしまいました。週明けには一学期も終わり、各々の実家へと帰省する子ども達。新米で作った「おにぎり」はおあずけです。

渡嘉敷島留学「わらびや」の夏

池辺大智さん「稲刈りはしたことがないのでしてみたかった」酒井しいさん「結構頑張って草抜きとかタニシ取りとか出来たので」

愛凛七さん「(田んぼも)メンバーの子たちと一緒にやるから楽しくて」

時には予定通りいかない自然のなかの暮らし。それでも子供たちは友情という実りを得たようです。「わらびや」の女将であり時には子ども達の母親に近い役割を担う坂田明子さん。

坂田明子さん「子どもたちがいるから私も子どもたちと同じように動けてありがたい」「4月スタートで新しい子たちを受け入れて新しい発見があって 子どもたちに引っ張られながら新しい生活をさせてもらって 本当に面白いなと思います」

概ね楽しく暮らしていますが全てが順調という訳でもありませんでした。

栗田そらさん「コロナで楽しみにしてた渡嘉敷祭りが無くなっちゃったのが残念だったけど」

毎年恒例、島の中学生が沖縄では珍しい「和太鼓」を練習し演舞を披露する「渡嘉敷まつり」は新型コロナの影響で去年に続き、今年も中止になってしまいました。週末はピザパーティー!山のようにピザを焼いて、皆で食べて。「わらびや」の屋根の上で過ごすひと時も極上の時間です。

渡嘉敷島留学「わらびや」の夏

坂田竜二さん「都会でのアウトドアとこっちでの自然の生活ってちょこっと違う、こっちの方がより暮らしに根差してる。実践をますます要求されるみたいなところがあってそれが楽しそうにやってるってところじゃないか」

坂田 明子さん「子どもたちがやりたい事を発見していやったー!って姿を見られるのが本当に喜びなので、そういう場面を増やしていきたい

貪欲に島時間を堪能している子ども達。やりたいことは他にも沢山!

藤原嶺人さん「釣りがしたい!」愛凛七さん「本当に海がきれいだから」れんかさん・ほのかさん「皆とダイビングしたい」酒井しいさん「シーカヤックとかSUPを買ったのでいっぱい乗ったりして上手になったらいいな」

再び皆が揃うのは来月末。秋には島尻地区中学校文化祭が行われる予定で、いよいよ和太鼓にも取り組んでいきます。夏の渡嘉敷島で過ごした時間は皆の一生の宝物になることでしょう。

中止になってしまって残念な「渡嘉敷まつり」なんですが、秋には島尻地区中学校文化祭というものがあって、そこでの演舞に向けて夏休み明けからは練習に入るようです。その様子は秋の取材で!

渡嘉敷島留学「わらびや」の春  2021年4月21日 

渡嘉敷島留学「わらびや」の夏