13日昼過ぎ、渡名喜島沖の海上で、アメリカ軍ヘリがつり下げていたコンテナを落下させる事故を起こしていたことがわかりました。

海兵隊によりますと、13日午後0時30分ごろ、渡名喜島沖の海上で、第1海兵航空団所属のヘリCH53Eがつり下げていた鉄製のコンテナを落下させました。

コンテナは、たて2m、横2.5m、高さ2.5mで食料や工具、燃料が入っていたということです。ヘリは渡名喜村の出砂島射爆撃場から読谷村のトリイステーションにコンテナを運ぶ途中でした。

渡名喜村・桃原優村長は「万が一漁をしていた方が(落下場所に)いたことを想像すると、背筋が凍るような思いをしたので、その辺は強く抗議していきたい」

謝花副知事「こういったことが実際にまた水上とはいえ起こったっていうのは極めて遺憾ですし、あってはならないこと」

アメリカ軍側は、事故の原因について、現在調査中としています。

渡名喜島沖に米軍コンテナが落下