ゴールデンウィーク以降、新規感染者数が過去最多となる日が続くなど感染拡大の歯止めがききません。こうした現状の中、玉城知事は会見を開き緊急事態宣言の対象地域への追加を要請と時短要請を守らない店舗名5月17日の週中に公表することを明らかにしまた。

玉城知事は会見で「重点措置区域内の要請に応じて頂けていない店舗として確認されている211軒につきましては、県職員の訪問などによる再三の注意喚起にも応じて頂けない15軒について、今週中にも命令を発出し、店舗名の公表を行います」と述べました。

玉城知事はこのように述べ営業時間短縮の要請を守らない店舗について5月17日の週中に名前を公表し、今後公表した店舗への利用をしないよう呼びかけました。

また玉城知事は、県内での感染状況が若い人の感染が非常に高いとし5月20日の療養者数が7日連続で最多を更新するなど医療体制がひっ迫していることなどを含め、「安全安心な暮らしを守るため改めて営業時間短縮の徹底を」と呼びかけ時短営業に応じない店舗に対して強い措置で臨みたいとしています。

玉城知事は「改めて県民一丸となって、この危機的状況を乗り越えることを最優先としたいと思います。」と述べました。

玉城知事会見で「守らない店舗名を公表」へ