働き盛り世代の死亡率が全国よりも高い沖縄の健康づくりを推進しようと、県は関係機関との連携を強化して取り組むことになりました。

玉城知事は「働き盛り世代の健康づくりに関する取り組みを相互に連携して推進することは大変意義深く、課題解決に向けた大きな一歩になると考えております」と話しました。

18日の締結式には県や沖縄労働局、県医師会など5団体が出席。働き盛り世代の健康づくりの改善を連携してめざす協定を結びました

県内の働き世代と呼ばれる30歳から64歳までの死亡率は全国平均よりも高く、定期健康診断で異常があった人の有所見率も67.4%で9年連続の全国ワーストです

今後は5団体の連携を強化して、従業員の健康管理を戦略的・計画的に行う健康経営の普及や推進を行い有所見率の改善などに取り組み、2040年には県の平均寿命日本一を目指します。

働き盛り世代の健康づくり推進連携協定